MyEtherWalletマイ・イーサー・ウォレット:アカウント開設方法&ログイン方法の案内(画像付き)

MyEtherWallet(マイ・イーサー・ウォレット)は、Etherium(イーサリアム)用のウォレットです

仮想通貨になる前のトークンですが、規格を揃えて作成されているそうです。
  その規格のメインがERC20というもので、それはイーサリアムの機能を使う規格
  ということで、トークンはイーサリアムのウォレットで保管することが出来るようになっています。
  しかし、イーサリアムを保管できるウォレットなら何でもいいというわけではない。
  ERC20のトークンに対応しているイーサリアムのウォレットが必要です。
  MyEtherWalletはERC20規格のトークンを保管できるウォレットです。

他社のウォレットでも対応しているものはあるようなのですが、最も普及しているウォレットで、また、日本語で見れることから、使いやすいと高く評価されていましたので、私はこちらにアカウントを開設しました。

以下開設方法を案内します。

MyEtherWalletのサイトはこちら>> https://www.myetherwallet.com/

1)トップページはこんな感じ。右上の言語は「日本語」を選んでおくと便利です。
 パスワードをつくり、入力します。
(OKならパスワードを入力する枠のふちが緑色になります)メモしておきます。また、他人に知られないようにします。
 水色の「お財布の作成」をクリック。



2)下の、水色の、ダウンロードKyestoreファイル(キー・ストア・ファイル)(UTC/JSON)をクリック。
  すると、ファイルが自分のパソコンにダウンロードされます。後で必要になるので、どこに保存されたのか確認しておいてください。((4)参照)
  その下の英語は、「紛失しないでください」(リカバリーはできません)「他人に教えないでください」(盗難の恐れがあります)「バックアップを作っておきましょう」(大事なお金を守る安全のためです)と書いてあります。
  その下の赤いわかりました。続けます。」をクリック。
 3)「自分の秘密鍵を保存してください」というメッセージの下に、数字とアルファベットの羅列が出ます。これがご自身の秘密鍵です。
コピーしてメモなどに保存しますが、下の青いお財布紙情報(ペーパーウォレット)を印刷をクリックすると、この二つ下の写真のように、QRコード付きの情報が画面に出てきますので、印刷して保存できます。

これが印刷用。他人に知られないように気をつけてください。QRコードの下の1行目が、
Your Address:=あなたのウォレットのアドレスです
下のYour Private Key:=プライベート・キー=秘密鍵です


4)グレーアドレスを保存してください。→ボタンをクリックすると、以下のような画面になります。
左のどの方法でお財布を操作しますか?で、Keystore / JSON Fileをクリックし、
右のグレーのお財布ファイルを選択ボタンをクリック。


5)先ほどの(2)でダウンロードしたKyestoreファイル(キー・ストア・ファイル)(UTC/JSON)を自分のパソコンから選択して、開きます。


6)その下に(1)で作ったパスワードを入力し、青い解除ボタンをクリック。


7)登録が完了し、自分のアカウント情報が出てきます


*あなたのアドレス(アカウント・アドレス)は、入出金に使う、ご自身のウォレットのアドレスになります。


*********************

ログイン方法


1)https://www.myetherwallet.com/ からログインします。
詐欺の多い昨今、こちんとアドレスを確認するようにしましょう。
上のメニューバーから、トークンの送出からもログインできますが、今回、右上の、お財布情報の確認へログインして自分の情報を確認してみます。


2)後は上の手順の 4)> 5) > 6)と同じです。
お財布情報の確認画面は、上の 7)の画面になります。






*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*
-専用ウォレット開設方法(MyEtherWallet)>>今このページ
*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*