Airdropエアドロップを始めよう!無料でトークンや通貨をもらう、それがエアドロップ

Airdrop(エアドロップ)とは?空からTOKEN(トークン)が(無料で)降って来るイメージから付けられた呼び名。



【エアドロップの歴史】

仮想通貨のイーサリアムがまだ公開前の段階だったころから、このエアドロップは始まったそうです。
公開前の仮想通貨=トークンを、多くの人に所有してもらうことで、所有者が検索してどんなものか調べ、それにより購入希望者が増えると価値が上がる、というマーケティング戦略の1つ

なので、少量を、多くの人へ、無料でばらまく、これがエアドロップの目的

何故昨今、注目されるようになったのかというと、Facebookの新たな広告規制で、ICO(新規仮想通貨公開)に関する広告が禁止されたことが一因にあるそうです。
SNSで広げてもらう、その広告戦略が使えなくなったので、エアドロップ自体を口コミ手法で広げ始めたそう。

自分でトークンを購入する場合、株式上場前の株を買うのと同じく、会社を調査し、自腹を切り、はたまた上場しない(公開されない)で損する場合もありますが、

タダでもらえるので損しない!それならもらっておこう。


と、思いましたので、もらえるエアドロップについて調べるついでに、シェアさせていただこうと思いました。

そこで用意するものと注意点を以下に書き出しましたので、ご参照ください。

「用意するのが億劫で、めんどうくさいからやーめた!」と思うのはもったいない!
2017年12月にPOLYMATHのエアドロップに登録し、1ヶ月後に250トークンを受取った方の公開後のPOLYの価格は300ドル、この250POLYは、現在1万2千ドル(120万円)相当に上がっています!!


無料でもらったものが、120万円!


ここは面倒くさがらずに準備を整えたほうが良いですよね!

【用意するもの】


  *Etherium(イーサリアム)のウォレット
  *Telegram(テレグラム)のアカウント
  *Twitter(ツイッター)のアカウント
  *イーメールアドレス

*Etherium(イーサリアム)のウォレット

多くの方(米国・日本にかかわらず)MyEtherWalletを推奨されているようです。私もここでウォレットをつくりました。
手順は>>こちら

何故イーサリアムのウォレットが必要なのか?
  仮想通貨になる前のトークンですが、規格を揃えて作成されているそうです。
  その規格のメインがERC20というもので、それはイーサリアムの機能を使う規格
  ということで、トークンはイーサリアムのウォレットで保管することが出来るようになっています。
  しかし、イーサリアムを保管できるウォレットなら何でもいいというわけではない。
  ERC20のトークンに対応しているイーサリアムのウォレットが必要です。
  MyEtherWalletはERC20規格のトークンを保管できるウォレットです。
 

ポイント
  *イーサリアムのウォレットのアカウントを作ったら、アクティブにしておきます。
  不正取得を防ぐため、多くのエアドロップでは、実際にそのイーサリアム・ウォレットが、人間がきちんと利用しているウォレットであるかどうか、確認しているそうです。
  アクティブにしておかないと、受取れるものも受取れない可能性があるとのこと。
  ではどうすればいいのか?
  アクティブである証拠に、小額でも入金作業をしておくことが望ましいようです。

  *ビットコインのアカウントではダメ?
  ダメです。銀行口座で例えるなら円の口座でドルとユーロを一緒に預金できないのと同じ。外貨を取り扱う銀行でそれ専用外貨口座が必要なように、それぞれの仮想通貨に対応したウォレットの会社、口座を持つ必要があります。

  AirDropsエアドロップスの多くがイーサリアムの機能のERC20規格のトークンで、MyEtherWalletマイイーサウォレットでほとんどのAirDropsでもらえるトークンの保管可能になっています。

*Telegram(テレグラム)のアカウント

Telegram(テレグラム)とは、日本で言うところのLINE(ライン)に該当するチャットアプリ。 ケータイにアプリをダウンロードします。
 手順は>>こちら

なぜTelegram(テレグラム)が必要なのか?
 世界でもっとも使われているチャットアプリのため、ICOについての情報交換も盛ん。
 したがって、多くのエアドロップが、口コミ効果を期待して、無料でトークンをプレゼントするのに、Telegram(テレグラム)のアカウント登録を依頼しています。

ポイント
  LINEでいうところの友達解除をしたくなっても、実際にトークンが手に入るまでは、解除は待ったようが良いとのこと、念のため。


*Twitter(ツイッター)のアカウント

なぜTwitter(ツイッター)のアカウントが必要なのか?
 Telegram(テレグラム)のアカウントが必要なのと同じ理由です。エアドロップによっていは、リツイートが条件の場合もあるようです。


*イーメールアドレス


なぜメールアドレスが必要なのか?
 エアドロップによっては、メールアドレス登録や、メールによる確認作業が必要なものもあるため。
 普段使っているものではなく、エアドロップ専用に、フリーメールアカウントをGoogleやYahooで作っておくと煩わされずに済みます。

【AirDrop(エアドロップ)の特徴】

申し込んですぐにトークンが手に入るわけでは無く、全てのトークンが完売となってから、ウォレットへトークンが入るので、1-2ヶ月かかるようです。

【詐欺被害にあわないための注意点】


*秘密のカギを聞かれたら、絶対に入力しない。
*送金しない。(先にいくらか払ってから、見返りとして無料トークンをもらえる、というエアドロップも出ています。きちんとした企業の場合ももちろんありますが、安易に送金しないことをお勧めします。)


>> AirDropエアドロップ無料トークン・リストはこちらです




*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*
【基本】
*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*
    
【エキストラ】
--ツイッターのリツイート・リンクの見つけ方
--自分のテレグラムIDの見つけ方
--redditレディット登録方法
--Bitcoin Forumビットコインフォーラム登録方法
*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*